面白いパターを紹介します。Ping 35周年記念モデルです。
実はこのパターはPingの創業者カーステンソルハイムの残した全ての中でも、最高の自信作なのです。
88歳で2000年2月に亡くなりましたが、私たちゴルフ業界にいる者にとっては、パターのデザインの基本を作り上げた偉大な人物なのです。
生前は私も含め日本のゴルフ関係者も大変深く関わった方です。今でも大変光栄に思っています。

パターが大の苦手だったカーステンが1958年に最初に作ったパターが1Aで今月の日本の”ゴルフクラッシック”マガジンにも紹介されていますが。。。
今回のパターはその1Aを改良したもので、カーステンの最後のパターだったのです。1Aで始まり1Aでゴルフ人生をくくったとも言えます。
f:id:golfnut:20070413185914j:image
PING 35周年記念パター
f:id:golfnut:20070413184842j:image
1958年発売のPING 1Aです。

ゴルフ史を今も将来も語る時。。このパターは後世に残すストーリーには欠かせない大変貴重なパターです。

パターの大変苦手だったカーステンは、誰が使っても距離感と方向性の良いパターを追求しました。

そして人生最後に残したパターは1Aのパターの”スラントネック”を装着したものです。

ボールを打つと”ピ〜〜ン”と音がします。”PING”の社名はここからきています。

なるほど〜と思われましたでしょうか?

そうなのです。距離感を音の強さでで表現したのです。人生の最後を迎えた88歳でも、ライフワークで様々なパターと理論を追求した結果

最初の”ピ〜〜ン”が一番良かったという事です。
f:id:golfnut:20070413185933j:image

f:id:golfnut:20070413190004j:image

Fairway Golfはこのパターを限定10名様に$500で開放致します。
フェアウェイゴルフサイトをクリックして下さい


コレクションに興味のある方は下記へお問い合わせください。


お問い合わせは info@fairwaygolfusa.com
各ランキングに登録しています。サイト応援をお願いします。
人気blogランキングへ
にほんブログ村 ゴルフブログへにほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ用品へ
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへバーナーをクリックして下さい。
Toshi